クリアンナの毎日がクリスマス

『僕がいない場所』

ポーランド映画『僕がいない場所』を是非観て欲しい。
ポーランドというと、まずナチスドイツ時代のホロコーストを思い出すけれど、あとは、ドイツに留学していたときにクラスメイトだった友人。外国人の友達の中でも、とりわけポーランド人とルーマニア人の友達の目が印象的だった。瞳の深いところに悲しみをたたえているような暗さを感じたのだ。
この映画は、社会主義から民主主義に移行するポーランドの暗部がバックグラウンドにあって、少年クンデルが母の愛を得たいと思いながらも、その母も孤独で、誰かに愛されたいという欲求に負け、母より女である自分を優先させてしまう。母から拒絶されたクンデルは、社会からも孤立し、浮浪者となり、一人で生活しようと決める。
驚いたことに、名演技を見せてくれたクンデル役の少年、そして重要な役を演じた少女も、プロの俳優ではなく、この映画を作るために、監督がスカウトした子供だということ。特に、重要な少女の役を演じた子は、養護施設で見出された。

この物語は決してポーランドの問題だけではなく、日本でもクンデルのような子供がたくさんいると思う。
遠い国の話ではなく、自分たちの身近にも起こっているということを、この映画は教えてくれている。
[PR]
# by crianna | 2009-11-09 17:00 | 映画

ダライ・ラマ法王14世来日講演に行ってきました

11月1日(日)、両国の国技館でダライ・ラマ法王の来日講演があり、行って来ました。
『地球の未来への対話』というテーマで、4名の知識人の方々が、各テーマ『地球』『環境』『生命』『心』について語り、法王が各テーマについてのお考えを語るというものでした。
実は、私は今回、はじめて生の法王とお会いしました。
生法王を見た感想は、74歳という年齢にはとても見えず、若々しくパワフルで、とても男性的な印象でした。
法王のお話は、仏教という枠を超えて、若い世代への教育の大切さを、常に述べられていました。
現代の科学は進歩したけれど、現代心理学はまだまだ未成熟で、『古代インド哲学』を大いに学べきでるある、とおっしゃていました。
私も『バガヴァッド・ギータ』を愛読しているので、法王のお話はとても嬉しかったです。
是非、みなさんも『バガヴァッド・ギータ』を一度、読んで見て下さい。
宇宙の英知に触れることができます!
[PR]
# by crianna | 2009-11-02 20:44 | スピリチュアル

もう、カーネルおじさんが、サンタクロース姿に・・・

昨日、恵比寿に出かけたら、ケンタッキーの店先のカーネルおじんさんが、もうサンタクロース姿になってたの。もう、クリスマスですか????

そんな私も、クリスマスシーズンが大好き!!
クリスマスが近づいてくると、なんだか、とても素敵なことが起こりそうな予感がするの。と言っても、そんなことは今まで一度もなかったけど。

クリスマスって、人を優しく変える不思議な力がある気がする。あの『クリスマス・キャロル』のスクルージのように。

だから私のブログも『クリアンナの毎日がクリスマス』っていう名前にしたの。
みんなが毎日、クリスマスに灯す、ロウソクの光のように、温かで幸せな気持ちでいられるような、物語やエッセイを書きたいなって思って。

みんな、是非、読んでね!

[PR]
# by crianna | 2009-10-30 15:30 |



心が温かくなる物語&エッセイ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30