クリアンナの毎日がクリスマス

<   2010年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

雨の日が好き

「雨の日が好き」
彼女が言ったこの言葉が、今でも私の中に残っている。

若かりし頃、ドイツに2年間、留学していた。
最後の年の夏、友達とイタリア語を習いに行こうということになった。
彼女は現在、オペラ歌手として活躍している。オペラ歌手にとってイタリア語は必須。でも私は・・・とりあえず声楽はやっていたものの、ほとんど趣味みたいなのもだった。
友達は、「イタリア語学校は任せる。どこでもいいよ」と言う。
ふ・・ん。となるとやっぱり観光ができるところがいい。ということでローマに決定。
ローマのテルミニ駅近くに、学校から紹介されたアパートに1ヶ月近く暮らしながら、イタリア語学校に通うことになった。
そのアパートの主、ルイージと、他にブラジ人女性と日本人女性、そして友達と私の5人暮らしがはじまった。
まあ、この1ヶ月は本当にいろいあったけれど、その話はまたいつか。
学校は当然、初級クラス。
クラスはドイツ人、イギリス人、チリ人、メキシコ人、スペイン人などなど・・・。今でも一人一人の顔を思い出せるほど、気のいい人たちだった。
私はなぜかクラスの人気者だった。てきとうなイタリア語が、なんだか評判よかったらしい。
私は正真正銘の日本人。黒髪に黒い目。外国人は憧れるそうだが、私はブロンドと青い目に滅法弱い。
イタリア語のクラスにイギリスのロンドンから来ている姉妹がいた。
姉の方は、ストレートの長いブロンドに、青い目。そして美人ときている。年の頃は18才くらいだったと思う。
彼女とのペアワークの時、なぜか私はドキドキだった。誤解しないでほしい。私はストレートです。
でも、あの美しい目で見つめられると、「ごめんさい」といいたくなる。それほど美しく、可憐な少女だった。
先生が「何をしている時が好きか、お互いに質問しましょう」と言った。
彼女は私をアンニュイな瞳で見つめ、、たどたどしいイタリア語でこう言った。
「雨の日が好きなの。雨の日に、一人で本を読むのが好き」
その言葉を聞いた途端、私の頭の中に、ロンドンの美しい邸宅で一人、雨音を聞きながら、本を読んでいる彼女の絵が浮かんだ。
美しすぎる!

それ以来、雨の日になると、彼女が一人、本を読んでいる風景が、ふうっと浮かぶ。

今日も、外は雨。
お母さんになった彼女が、今夜は、子供のために本を読んで聞かせているかもしれない。
[PR]
by crianna | 2010-02-11 20:20 |

インド手相術&オーラリーディングカウンセリング

オーラブームが落ち着いたと思ったら、最近は手相ブームらしい。
テレビでお笑い芸人風の人が『KY線』だとか『エロ線』などと言って、盛り上げている。
芸能人はそれが仕事だからいいとしても、一般の人の中には、本当に悩み苦しんでいる人もいるのだから、もっときちんと手相を理解してもらいたいと思う。

私は10年ほど前、まだオーラが今ほど一般的で無かった頃から、川崎にある『ヒーリンングセンターアルケミスト』と『たかえす動物愛護病院』で病気で苦しむ人々や動物たちと向き合い、カウンセリングやヒーリングを行ってきた。
動物たちとは、時に死ぬか生きるかの緊迫した場面にも立ち会ってきた。
その中で感じたことは、『生きることは楽でない』ということだ。
しかし、それを楽しく乗り越えることもできる。
それではなぜ、生きることが、時に苦しくなるのか?それは、私たちは生まれる前に、自分で『人生の計画書』を作り、魂を成長させるために、いくつかの障害や、問題を計画していたからだ。
オーラや手相の中に、その計画書が刻まれていて、私たちの過去、現在、未来のメッセージを読みとることができるのだ。

今まで、密かに『インド手相術&オーラリーディングによるカウンセリング』を行ってきたけれど、「もっとみんなに幸せになってもらいたい」、という思いと、「カウンセリングを受けたい」という声にお答えして、川崎のサロンをお借りして、2月からカウンセリングを行うことになりました!

もし、人生に迷ったら、是非、手相術とオーラリーディングカウンセリングを受けてみて下さい!きっと、生きるヒントが見つかるはずです!


   <問い合わせ&予約>  090-8103-7556
   <サロン> 神奈川県川崎市高津区二子2-5-38 Alchemist Healing Salon 内


   
c0223765_19583554.jpg
   
[PR]
by crianna | 2010-02-01 20:00 | スピリチュアル



心が温かくなる物語&エッセイ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28