クリアンナの毎日がクリスマス

カテゴリ:季節( 2 )

催花雨が降る

『催花雨』と言う言葉を知っている人は少ないのではないかと思う。私も実は、この言葉を知らなかった。
日本語には本当に季節を表す美しい言葉が多い。
この催花雨とは、春雨のことをいい、花の咲き出す頃に降る雨のことを言うのだそうだ。
まさに今日の雨が催花雨だ。
最近、暖かくなったり、寒くなったりするので、とうとう私も風邪をひいてしまった。ちょっと暖かくなったと思ったらまた寒くなり、早く春が来ないかなあ・・・と待ちわびている人も多いと思う。(花粉症の人は複雑だと思うけれど・・・)
でも、確実に草木には春の息吹きが宿り、新しい季節を待っているのだ。
今日の雨もそのことを教えてくれているに違いない。
今年の東京の桜の開花予想日は3月26日と例年より遅いらしい。
お花見でお酒を飲んで騒ぐのもいいけれど、美しい花を咲かせ、私達を癒してくれる桜の木に感謝することを忘れないようにしたい。
桜が毎年咲くのを当たり前にしたくない。 命が芽吹くことは奇跡なのだから。
私達が毎日の暮らしの中で当たり前と思っていることが、他の国では奇跡であることも多い。

目の前に起こることを当たり前と思わず、立ち止まり、周りを見てみる。
その中に大きなメッセージが隠されていることも多い。

今日の冷たい雨も、草木には大切な雨。 
私も自然の摂理に感謝し、早く風邪を治そうと思う。。。
[PR]
by crianna | 2011-02-28 14:53 | 季節

梅雨が明けた!

今日、梅雨が明けた!すでに外は32℃。

私はとにかく暑いの苦手。バターのように溶けてしまう。
昔からの友達に会うと必ず「暑いの弱かったよね」って言われる。
そう私はアジアの夏が大嫌いだった。

あれは確かもう二十年以上前こと。
始めて海外へ旅行に出かけた。何を間違ったのか、行き先は『タイ』だ!
恥ずかしながら、当時某アイドルバンドが好きで、ファンの集いでタイに行ったのだ。。。

案の定、タイの王宮前で並んでいた私は倒れた。溶けてしまったのだ。。。

そして、気付くと私の目の前にジャニーズ風のタイの若者が私をそっと抱えてくれていた。
彼の手にはアンモニアの瓶。
「大丈夫?」と優しく微笑む若者。
三文小説ならここで二人は恋に落ちるところだけれど、なにせ私は某アイドルバンドのS君しかまったく興味がなかったから「ありがとう!」の一言で THE END!

やっぱり私にはアジアの夏は合わない・・・

なのに・・・・・私は8年前から毎年のようにインドに行っている。

インド! なぜ私がインドに????
この話はいつかじっくりします~☆

ということで、梅雨が明け、本格的な夏のはじまり。 アジアの夏も悪くない。。。と思いたい。
[PR]
by crianna | 2010-07-17 13:56 | 季節



心が温かくなる物語&エッセイ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31