クリアンナの毎日がクリスマス

『ノーリミット 自分を越える方法』 栗城史多さんの挑戦

c0223765_2053327.jpgぶらっと立ち寄った書店で、一冊の本を見つけた。
世界七大陸最高峰の単独、無酸素登頂に挑む若き登山家 栗城史多さんが書かれた『ノーリミット 自分を越える方法』。
ページをめくるとこんなメッセージが書かれていた。 「見えない山に登っているすべての人たちへ」。

立ち読みしていた私は、直観的にこの本を手に取り、レジに向かっていた。

彼は日本人初、エベレスト単独、無酸素登頂。そして世界初となるエベレスト登頂のインターネット生中継に挑戦。

彼はその時の体験やそこに至るまでのことを、簡潔で魂に響く文章と美しい写真で綴っているのだが、これは単なる登山家が登山について書いた本ではない。

詳しい内容については是非、自分の目で見て感じてもらいたい。彼は特別な才能があり、恵まれた環境にあったわけではなく、むしろその逆だ。
彼は「デス・ゾーン=死の世界」と呼ばれる極限の世界で、苦しみや恐怖、不安と向き合いながら、その中に希望の光を見いだし「自分を乗り越える方法」を掴む。そこには私達みんなに共通する生きることへの悩みや苦しみについてのヒントがたくさん隠されている。

彼が登山を通して感じたこと得たことは、私の魂の師である高江洲薫先生から学んだことや、私が独立して今まで四苦八苦しながら感じ、得たことと同じだった。
もちろんまだまだ私は彼が達観した領域には達していないけれど、この本で私は多くのことを再確認することができた。

本は最後にこう締めくくられている。

『大きな見えない山に登っている人は大勢いる。だが何をめざしていようとも、ここが限界、ここが最終地点と決めつけた瞬間にすべてが終わるだろう。終わりははじまりだ。もっと大きな山に向かおう。道のない道を歩き続けることで、未来は切りひらかれていく。」

是非、一人でも多くの人に読んで欲しい本だ。
[PR]
# by crianna | 2011-03-03 20:55 | 登山

テレビ朝日 21世紀新人シナリオ大賞

第11回テレビ朝日 21世紀新人シナリオ大賞に昨年の11月に応募した。
待ちに待った第一次審査の結果が今日、発表された。
応募総数1495通。うち第1次審査通過は213作品。。。その中に私の作品も入っていた!
とりあえずホッと一息。。

私がシナリオを習いはじめたのが2009年の6月から。 昨年応募した『函館イルミナシオン映画祭シナリオコンテスト』は第3次通過止まり。その後応募した『WOWWOWシナリオ大賞』も最終審査の一歩前で落選。

私自身は映画を作りたい!と思っているのでテレビドラマのシナリオには消極的だったけれど、腕を磨くためと賞金目当てで応募してみたのだった。
この賞はドラマ化され、放映されるので、そういった意味でもなんとしても大賞を穫りたい!

昨年、この賞のために最初に書いたシナリオを担当の先生に見てもらったところ、「コンクールには弱い!」と言われ、あえなく撃沈!! 
急遽、2週間ほどで書き上げたのだ。だから実は、まったく自信がなかったし、あんまりにも早く書き上げてしまったので、書いた内容を憶えていないほど。。。だから一次審査を通過するとも思っていなかった。。。


シナリオを勉強しはじめてまだまだ日が浅いけれど、いつか私の作品が世界の映画館で上映される日を夢見て、がんばります!

とりあえず今日は、ささやかな祝杯を上げます!
[PR]
# by crianna | 2011-03-02 21:26 | 映画

アメリカのアカデミー賞

昨日、アメリカのアカデミー賞各部門賞が発表された。
私自身も脚本を書いているので、一応どの作品が受賞したかはチェックしたけれど、日本のアカデミー賞と比べると本当に豪華でスケールが違う。

私はどちらかと言うと芸術性の高い映画やミニシアター系の映画が好きなので、お金をかけた、商業的な作品は、脚本の勉強のために観ることはあっても、好んでは観ない。

しかし、残念なことに、最近、ミニシアターが続々と閉館している。 恵比寿ガーデンシネマ、シネセゾン渋谷、シネマライズなどなど。

選択肢が増えれば増えるほど、やはり大きなものに押されていくのは世の常。
宣伝力が無いものやお金がかけられないものは淘汰されてしまう。

考えるのは、映画産業は今のままででいいのか?ということ。 アメリカの俳優さんのギャラを見ても信じられない。
映画は、本当は別の役割があるのではないか? 3Dを使ってさらに経済を活性化させようと考える前に、もっと大切なことはないのか? 

日本にもいい自主映画がたくさんある。
本当によい物、大切な物が評価される時代はいつ来るのか?
[PR]
# by crianna | 2011-03-01 15:08 | 映画

催花雨が降る

『催花雨』と言う言葉を知っている人は少ないのではないかと思う。私も実は、この言葉を知らなかった。
日本語には本当に季節を表す美しい言葉が多い。
この催花雨とは、春雨のことをいい、花の咲き出す頃に降る雨のことを言うのだそうだ。
まさに今日の雨が催花雨だ。
最近、暖かくなったり、寒くなったりするので、とうとう私も風邪をひいてしまった。ちょっと暖かくなったと思ったらまた寒くなり、早く春が来ないかなあ・・・と待ちわびている人も多いと思う。(花粉症の人は複雑だと思うけれど・・・)
でも、確実に草木には春の息吹きが宿り、新しい季節を待っているのだ。
今日の雨もそのことを教えてくれているに違いない。
今年の東京の桜の開花予想日は3月26日と例年より遅いらしい。
お花見でお酒を飲んで騒ぐのもいいけれど、美しい花を咲かせ、私達を癒してくれる桜の木に感謝することを忘れないようにしたい。
桜が毎年咲くのを当たり前にしたくない。 命が芽吹くことは奇跡なのだから。
私達が毎日の暮らしの中で当たり前と思っていることが、他の国では奇跡であることも多い。

目の前に起こることを当たり前と思わず、立ち止まり、周りを見てみる。
その中に大きなメッセージが隠されていることも多い。

今日の冷たい雨も、草木には大切な雨。 
私も自然の摂理に感謝し、早く風邪を治そうと思う。。。
[PR]
# by crianna | 2011-02-28 14:53 | 季節

映画『幸せの経済学』グローバルからローカルへ

日曜日、映画『幸せの経済学』の試写会に行って来た。
40の言語に翻訳され、世界各国で高い評価を得ている「ラダック懐かしい未来」の著者であり、世界のローカリセーション運動のパイオニアでもあるヘレナ・ノーバーグ=ホッジさんの最新ドキュメンタリー映画だ。
この映画は5年の歳月をかけて完成し、「グローバルからローカルへ」をテーマに世界中の環境活動家たちがこれからの「豊かな暮らし」について語るドキュメンタリー。

消費型社会を見直し、地域に眼を向けることによって、その土地にある資源や文化を再認識し、人と人、人と自然との関係を紡いでいく「コミュニティーの再生」の重要性を訴えている。

私も長年、真の幸福とは何か?ということを考え、様々なセミナーを開催してきた。
すでに「幸せ=物質的な豊かさ」という時代は崩れ去ろうとしている。

今、世界各国で持続可能な暮らしの試みが「エコビレッジ」という形で行われている。
私自身も、自国である日本で、エコビレッジができないかと考えている。
そのためにはまだまだ学ばなければならないことは多いが、私達の未来を政府任せにせず、自分たちの手で
変えていかなければならない時代にきていると思う。

近年、激しい地球環境の変化や飢餓、貧困の問題はこれ以上待てない状況に来ている。
私たちは「知らなかった」という言い訳はもうできない。

積極的に真実を知り、今、出来ることをやる。それが地球で暮らす私達地球人の義務である。
これからの人生、私はこの活動を命を懸けていくつもりだ。
[PR]
# by crianna | 2011-02-21 22:48 | 環境・平和問題



心が温かくなる物語&エッセイ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31